生活に役立つちょっと気になる疑問を解決

子育て主婦応援メモ帳

健康

風邪で関節痛になる理由とは?原因と対処法。湿布は効果がある?

投稿日:

風邪をひいた時に、関節痛に悩まされる人は多いと思います。
「なんで、風邪をひいたら関節が痛くなるんだろう?」と疑問におもったことはありませんか? 私も疑問に思った一人です。

なので今回は、風邪と関節痛の関係について調査しました。
風邪によるつらい関節痛を楽にするために、その理由や原因、対処法を知っておきましょう!

[英語表記:cold(風邪)]
[英語表記:arthralgia(関節痛)]

スポンサードリンク

風邪で関節痛になる理由や原因

風邪によって起きる関節痛の原因は、体内でつくられるPGE2(プロスタグランジンE2)という物質によるものだと考えられています。

体内へウイルスや細菌が侵入すると、白血球からサイトカインという、ウイルスから身体を守ってくれる物質がつくられます。

しかし、サイトカインは過剰につくられてしまう時があり、臓器を機能不全に陥らせてしまう危険性がでてくるのです。

そこで、サイトカインの活動を抑えるために新たにつくられるのがPGE2なのですが……

PGE2には、関節の痛みや熱を出す作用があります。つまり、風邪によって起こる関節痛は、身体の免疫細胞がウイルスと戦っているところから起こる痛みなのです。

Cold arthralgia1

風邪の関節痛の対処法・治し方

関節痛は、身体がウイルスと戦っている「防御反応」によるものなので、根本的には風邪を治す事が第一になります。

温かいスポーツドリンクや栄養剤を飲み、しっかりと睡眠をとるなど免疫力を高める事を意識して下さい。

風邪薬は、熱などの症状で体力が消耗するのを防いだり、症状を緩和させるのを目的としたものでウイルスそのものを殺す働きはありません。

むしろ、熱を下げる事により、風邪の治癒を遅らせる事もあるので、症状をよく見て服用して下さいね。(インフルエンザや38度以上の熱がある場合は別です。)

スポンサードリンク

睡眠が一番

風邪を治す一番の良薬は『睡眠』です。睡眠によって「副腎皮質ホルモン」という身体の弱った部分を治し、免疫力を活性化するという物質が大量につくられます。以下の4つを守り免疫力を高める良い睡眠をしましょう。

  • 寝る環境を整える(電気を消す、枕元に携帯を置かない)
  • 濡れマスクをして寝る
  • 寝る前に水分補給
  • 寝室を加湿する。(枕元に濡れたタオルを置くだけで大丈夫です)

寝ている間は乾燥しやすく、乾燥によってウイルスが増えてしまうと、せっかくの免疫機能を高める機会が台無しになってしまいます。乾燥させないように気をつけて下さい。

Cold arthralgia2

風邪の関節痛に、湿布は効果がある?

風邪の関節痛は、風邪を治すために免疫細胞が戦っている痛みなので、筋肉からくる痛みではありません。なので、湿布をはったとしても、効果があるとはいえません。

冷湿布の場合、患部の熱をとって炎症を抑えるという働きがあるので、それによって痛みを和らげるという効果があることはあります。

しかし、関節の痛みは免疫機能からきてるので、無理矢理冷やし続けていると免疫機能を阻害してしまい、風邪を治す邪魔になってしまう恐れがあるので注意して下さい。

Cold arthralgia3

この動画は、痛みを和らげる効果があるクラシックの音楽を集めたBGMです。リラックスする事も免疫力を高める事に繋がるので、ぜひ聞いてみて下さいね。

□痛みが和らぐお薬クラシック音楽BGM【頭痛、腰痛、肩こり、生理痛などの痛みに】

最後に

風邪で関節痛がする時は、日頃の疲れやストレスで、身体が疲れているサインだと思い、しっかり栄養と睡眠をとりましょう。

風邪の関節痛は一過性のもです。もし、関節痛が2週間から1ヶ月しても治らない場合、膠原病(こうげんびょう)の恐れがあるので、病院に受診して下さいね。

スポンサードリンク

-健康
-, , ,

Copyright© 子育て主婦応援メモ帳 , 2018 AllRights Reserved.