生活に役立つちょっと気になる疑問を解決

子育て主婦応援メモ帳

生活・ライフスタイル

加湿器の効果やおすすめの種類は?比較してみた!

更新日:

Humidifier3

季節が冬に近づくと空気が乾燥してきますよね。みなさんは加湿器は持っていますか?我が家では加湿器は絶対に欠かせないものとなっています。

今から買う予定だよと言う方は色んな種類の加湿器があって迷われていませんか?今回はおすすめの加湿器や効果、種類やそれぞれを比較してみましたので参考にしてみてください。

[英語表記:humidifier(加湿器)]

スポンサードリンク

加湿器とは?どんな効果があるの?

Humidifier2

加湿器とは水を入れる場所があり、その水分を空気中に放出し加湿する機器です。冬は空気が乾燥しますので加湿器が使われることが多いですが、加湿器を使うことで室内の湿度を上げることができます。

では、加湿器を使うとどういった効果があるのでしょうか。

冬に洗顔をすると肌がパキパキになった経験はありませんか?空気が乾燥していることにより肌がカサカサに乾燥してしまいます。

加湿器を使って湿度を上げると美肌作りに効果的です。代謝が高まることで潤いが保たれる効果があると言われています。

他にも効果的なのが風邪予防です。ウイルスは低温低湿を好みます。冬になるとインフルエンザも流行りだしますよね。湿度を上げることでウイルスが活動できにくい環境になり空気感染を抑えることが可能です。もちろん、手洗いうがいも大切ですよ。

加湿器の種類を比較

Humidifier1

加湿器には種類があります。その種類を比較してみました。

スチーム式

スチーム式の加湿器はお湯を沸かして加湿する方法です。常に熱を発生させるので雑菌を抑えられます。

お年寄りや小さい子どもがいる家庭におすすめですが逆にデメリットとしてお湯なので倒してこぼすと火傷の恐れがあります。常にお湯を沸かしている状態になりますので電気代もかかってしまいます。

気化式

気化式とは水に空気を当てて気化させる方法です。よく加湿器が無ければ濡れたバスタオルを部屋に干すと良いと聞いたことはありませんか?それが気化式と同じ状態です。

熱を発生させないので電気代をおさえることができますが加湿に時間がかかることがデメリットと言えます。

超音波式

超音波で水を蒸発させる方法です。水に超音波振動を与え細粒化された水分をファンで空気中に噴出します。

気化式と同じく熱は発生しませんので電気代を抑えることが可能です。しかし、デメリットとして雑菌も一緒に放出してしまいます。

ハイブリット式

スチーム式と気化式の間の方法で空気を加湿させます。気化させた水分に部分的に熱を加えることにより加湿のスピードを早めることが可能です。

乾燥時にはスチーム式に、湿度が安定すると気化式に変わるので効率良く湿度を保ち電気代も気化式よりは高くなりますがスチーム式よりは抑えられることができます。

おすすめの加湿器の種類は?

加湿器の種類、それぞれにメリットデメリットがありますので人によって好みが変わるかと思います。

最近はインテリアとしておしゃれな加湿器が増えていますがデザインを重視したい方は「超音波式」がおすすめです。

スポンサードリンク

小さい子どもがいて火傷する恐れを避けたい場合は「気化式」がおすすめとなっています。

わたしのおすすめは「ハイブリット式」です。電気代も抑えながら加湿が早い、良いとこどりの加湿器です。しかし、良いとこどりなだけあってお値段も安くはありません。

おすすめしといてなんですが……我が家はまだハイブリット式に手を出せずにいます(笑)現在使っているのは超音波式と気化式です。加湿機能付き空気清浄機を持っているのですがこれも気化式になります。

ハイブリッド式は値段が高くてちょっと……という方には、超音波式とヒーター式のハイブリッド加湿器を紹介しておきます。
こちらは、値段もそんなに高くないので、人気みたいです。

加湿器までは必要ないという方は、100均で手作りというのもありですよ。また、部屋に濡れタオルを干すだけでもだいぶ違ってきますのでお試しください。

□100均DIY 簡単&エコで可愛いフェルト加湿器の作り方★池田真子(Room Organization ideas/How to make Felt humidifier)

冬になると絶対必要!

冬になるとわたしの息子は必ず熱を出してしまいます。夜も咳をして眠れず苦しむことが多かったのですが加湿器を使うことにより咳もおさまりぐっすりと寝れるようになりました。

風邪による喉の痛みや咳にも効果的だと思いますので是非自分に合った加湿器を使ってみてください。

スポンサードリンク

-生活・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© 子育て主婦応援メモ帳 , 2018 AllRights Reserved.